データ解析よろず相談窓口(Data Analysis Concierge: DAC)

「データを解析しろ,といきなり言われて戸惑っている」 「データはあるがどう解析すればいいかわからない」 「データ解析っていろんな方法があるみたいだけど,どれを使えばいいんだろう?」 「データ解析の結果は出たけど,これってどう解釈したらいいの?」

データ解析よろず相談窓口(Data Analysis Concierge: DAC)は, 企業のみなさまのこうしたお悩みに応えるべく,ADS育成室内に設置されたものです.

DACへご相談いただくと, 企業側と大学側の双方に以下のようなメリットがあります.

企業側のメリット

大学の産学連携機関等を通じて,多くの企業の方々からデータ解析のご相談を頂いております. その場合,「共同研究として成立するか」という観点で検討するため, 研究としての新規性がないものはすべてお断りしているのが実情です.

DACでは,ご相談内容をスタッフが実践教育の観点から検討し, 教育プロジェクトとして相応しいと判断した場合には, 企業側の担当者様と情報系大学院学生を主役とした合同プロジェクトを立ち上げ, DACの特定プロジェクト教員やRAの指導の下で,問題解決に取り組みます. これにより,研究としての新規性は乏しいが切実なデータ解析ニーズの多くに対して, お手伝いできる機会が増えるものと期待できます. もちろん,合同プロジェクトが順調に進めば,そのまま共同研究に昇華することも有り得るでしょう. また,合同プロジェクトに参加することで担当者ご自身のスキルアップに繋がることが期待できます.

また企業側の担当者様としては 「そもそも大学に,他の民間企業がやっているデータ解析の内容に詳しい人間がいるのか」 「実際に業務に活かせるような相談結果が得られるのか」という懸念を持たれる方もいらっしゃると思います. この点について九州大学では民間企業(株式会社データフォーシーズ)と連携し,実務者教員の配置を行いました. 10年以上にわたり,民間企業へのサービスを行ってきた教員が対応し, 企業・大学の双方にとってメリットのある教育プロジェクトに仕上げていきますので, ご安心いただいてご利用いただけるかと考えております.

合同プロジェクト実施に際しては,必要に応じNDAを締結します. データ提供が発生する場合についても,民間企業でやり取りできるレベルのセキュアな方法をご提案できるかと思いますので,その点はご安心ください.

尚,あくまで教育プロジェクトとして実施する事になりますので,多数のご応募を頂いた場合,お受けできない場合もございます. その際は,相談させていただき,より教育プロジェクトとして適している内容を採択させて頂きたく,予めご理解いただければ幸いです.

大学側のメリット

世界中で,データサイエンティストという職業が大変な人気を集めています. データサイエンティストになるためには, 統計学や機械学習の理論を身につけるとともに, データ解析の経験を積まなければなりません. しかし,人工データについての玩具問題(toy problem)にいくら取り組んでも, データ解析の本当の難しさはわかりません. 何より大切なのは,生の「現場・ひと・データ」を経験することです.

システム情報科学府の「データサイエンスコース」の目玉である「データサイエンス実習」は, 企業の現場から持ち込まれた生データを解析し,現場で働く人々と協力しながら問題解決を目指すグループ型PBLです. さらに,本コースをよりよいものにしていくため,民間企業(株式会社データフォーシーズ)と連携し,実務者教員の配置を行いました. 大学院学生は,この実習を通して貴重な経験をすることができます.

相談から終了までのプロセス

ご相談・アセスメントの実施

まずはホームページにて、ご相談を受付致します。(8/23まで) ご相談を受けた後、当方から連絡させて頂き、随時、アセスメントを 実施いたします。アセスメントの後、NDA締結を進めます。

NDAひな形は申込時に提示いたしますので、企業側にて 内容をご検討ください。
アセスメント実施前にNDAの取り交わしをご希望される場合、そのように対応させて頂きますので、その旨、ホームページへの相談申し込み時に備考欄にご記載頂ければ幸いです。
状況/課題のお聴き取り
双方要望のすり合わせ
・適切な課題が設定できそうか?
・教育プロジェクトとして成立するか?
・データ持ち出しは可能か?
・ご担当者様の時間はとれるか?
・シンポジウムでの発表は可能か?

プロジェクト選定・立ち上げ

誠に勝手ながら、申し込み多数の場合、参加する学生の数に限りがあり ますもので、以下の基準にてプロジェクトを選定させて頂きます。
  • 企業側にとっても、学生にとっても、教育的効果が高く見込める事
  • アセスメントで表出した双方の要望の調整が、可能であると見込まれる事
  • 実施期間(3ヶ月程度)で着手するに適切な課題である事
  • 課題の着手にあたって、大きな投資を必要としない事
選定後は以下の3点を明確化していきます。(~9月末)
  • プロジェクトのスコープとメンバーの確定
  • アセスメント結果に基づきまして、企業・大学のすり合わせによって、プロジェクトで達成すべき目標を確定させます。また企業ご担当者様、参加学生のアサインも実施します。
  • プロジェクトスケジュール調整
  • 企業・大学のすり合わせによって、プロジェクトスケジュールを確定させます。(特に大きなスケジュールと定例mtgの日をきめる事が大事になります。)
  • データの取り扱い方法の確定
  • データは、企業側として持ち出しが許容できる形に加工したうえで、大学として受け取る必要があります。その方法を確定させ、持ち出しの準備を進める必要があります。

プロジェクト進行

以下のプロセスでプロジェクトを推進します。(9月末~1月初旬を予定)
事前の調整事項に基づきまして、データ加工を実施致します。(企業担当者様、教員の共同作業となる予定でございます。) 事前のプロジェクトスケジュール調整で決めた日程にて、参画者を集めてのプロジェクト開始会を実施いたします。(一堂に会して、スコープやタスク等の確認を行います。) 定例ミーティングを実施し、データ解析の進捗を確認すると共に、適宜、教員による指導を行います。(その指導によって、企業ご担当者様・当方の学生の双方にとって教育の機会とする事を狙っておりますので、どうかご理解下さい。) 12月中旬をもってプロジェクトを完了いたします。(本件は教育プロジェクトである事を勘案し、本来決めたスコープの通りの成果が出なかったとしても、プロジェクトは終了とさせて頂く事を予めご理解ください。) 12月下旬もしくは1月初旬に、本件に関わった全企業、全学生、および外部の聴講者を集めて報告シンポジウムを開催させて頂きます。こちらも教育的意図をもって開催するものですので、どうかご理解ください。日程は9月末までに参加企業様の日程調整を行い確定させます。

終了後の悩み相談について

教育プロジェクト終了後、企業の皆さまがお持ちの課題を解決するために2つの「出口」を用意してございます。
 
(1)アカデミックな課題として共同研究の価値があると見なされる場合

よろず相談窓口を
起点とした
教育プロジェクト

専門分野教員との共同研究に
昇華させます
(2)引き続き課題解決に向けてプロジェクトを遂行したい場合
※ 教育プロジェクトとして採択されなかったケースでも、こちらのスキームを ご利用いただく事は可能です。
よろず相談窓口を
起点とした
教育プロジェクト

九州経済産業局による
課題をお持ちの企業と
専門企業とのマッチング

専門企業への発注を含む
社内プロジェクトに
昇華させます




ご相談内容入力フォーム

現在、データ解析よろず相談の受付は行っておりません。